ネットショップを個人事業主が始めるならBASEがオススメ

ネットショップを個人事業主が始めるならBASEがオススメ

ネットショップ開業

個人事業主でネットショップ始めるならどこがオススメ?

ネットショップを個人事業主で始めるとき、リスク減らすなら、BASEが一番使いやすく、充実しているのでオススメですよ!
以下より説明していきます。

個人事業主がネットショップで成功するには

得意な部分だけやろう

ネットショップは、色々とやる事がたくさん。

「デザインカッコ良くしたいな」「注文あったらどう管理しようかな」「在庫どうしようか」「発送大変だな…」などなど、想像しているかもしれません。

大事なのは、お客様に「存在を知ってもらって」「商品が売れる」ことです。
ネットショップはこの2つに尽きる。

存在を知ってもらい、商品が売れることに集中する為には、得意なことだけやると良いです。

サポートが充実のECサービスを選ぶ

人数が少ないもしくは一人で行う個人事業では、伝票印刷や発送作業もすべて自分でやります。

様々なECカートやモールがありますが、ネットショップオーナーにとってのサポートが充実。

例えば、ネットショップ開設数1位のBASEでは以下のような拡張機能が。

  • ショップロゴ作成
  • オリジナルグッズの制作・発注・発送(連携機能)
  • アクセサリーの制作・梱包・発送代行
  • リモートのモデル撮影(連携機能)
  • Instagram、Twitter広告配信、広告運用(連携機能)
  • メルマガ配信
  • 送り状データ
  • かんたん発送(ヤマト運輸連携)
  • チャットボット
  • 商品仕入れ、直送代行
  • 物流代行
  • パッケージ印刷(連携機能)
  • 宛名印刷
  • 受注、在庫管理ツール
  • 売上管理
  • ショップ公式アプリ作成(有料)

このように、色々なサービスが連携されています。
「あれやらなきゃ、これどうやるんだろう?」という事が忙しいタイミングでこなしていくのが個人事業。

「売ること」や「告知すること」、「アイデア」など得意な部分だけやりましょう。

販売する商品を持たなくてもできる

上記にあったように、オリジナルグッズやアクセサリーの制作をしてくれるサービスが連携されています。

商品を在庫しなくても目の前に商品がなくてもネットショップがオープンできます。

でも、全部頼んだら利益少ないよね…?

そう、代行業者に頼むと、利益が少なくなります。

しかし、売れるかどうかわからない商品を在庫するのは、どうでしょうか?

売れずにコストだけがマイナスとなりますね。もちろん、よほど売る自信があり、自分で全部やれるなら制作していくのが良いでしょう。

ただ、マイナスというリスクを減らすという意味では、「売れたらコストを払う」という形式が一番良い!

売れることがわかってから、在庫する商品をつくっていくのが良いのです。

大事なのは「知ってもらって」「売れること」

リスクを減らし、「売れたらコストを払う」ことは上で説明したように、わかってもらえたかと思います。

大事なのは、最初に説明したように「売れること」、そして「知ってもらうこと」です。

立ち上げからリスクをとる必要なんてない。

しかし、商品が売れる為にコストを払うことは時に必要。

どんなコストかというと、「知ってもらい」、「売れるため」のコスト。

一個も売れない商品を売り続けても、売上も利益もありません。

欲しいお客さんに届けるために広告を打ちましょう。BASEの連携機能であれば、広告の管理もしやすいです。

また、BASEは初期費用と月額費用は無料で、売れたらサービス利用料を支払う仕組み。まさに、「売れたらコストを払う」仕組みです。

現状、個人事業主のネットショップはBASEが良い

スマホで決済する世代がターゲット?

ネットショップを開業するにあたり、「お客さん」は誰か想像ついていますか?

年齢層や属性がみえてきているなら、「決済方法」と「使っている機器」がわかります。

つまり、
クレジットカード決済なのか、振込なのか
スマホ中心なのか、PC中心なのか

などなど。

スマホでクレカ決済する世代や属性なら、「スムーズに」注文できて、「いちいち登録などしなくていい」支払いの仕方である事を意識しましょう。

クレジットカード決済に開店したその日から対応できるという点で、「BASE」はおすすめです。

BASEの公式サイトをみてみる