モチベーションが上がらないなら習慣化が重要です

モチベーションが上がらないなら習慣化が重要です

ライフハック

何か作業をする上で、モチベーションが上がらなくて困っているかもしれません。例に漏れず、僕もモチベーションが上がらないひとりです。

結論からいうと、「モチベーションが上がらない」という状態を忘れよう。〇〇やったらやる、という事でなく、すべてを習慣化してしまうしかない。

仮にモチベーションを高く保つことができたとして、頑張りまくったら燃え尽きてしまいます。「頑張ったから1日ぐらい休もう」みたいになってしまう。

有無を言わさず実行するには、モチベーションとは違うところに自分を置く必要があります。

以下より、僕はこうやって突破した、という事を書いていきます。

「やればできる」を忘れる

「やればできる子」と言われたことはありますか?いつもは普通だけど、一度動けば輝きを持つ人。だからこそ、いつもは何もしないでいたり、怠けたりする。

この問題は、「じゃあプロはどうしているのか?」ということ。

プロフェッショナルは、「毎日しかるべき事をやり続けている」のです。

やればできるという言葉は、忘れましょう。みんな、やればできるのは当たり前。自分よりできない人と比較するのでなく、戦うのは昨日の自分です。

習慣化してみよう

ブログ記事を書くなど、副業に対してモチベーションが上がらない場合は特にキツイ状態が続きます。

成果が見えるまでが大変ですし、誰の為にやってるかよくわからなくなってしまう。

「続けられない自分」ということにも落ち込みがちです。

今までの自分なんかどうでもよく、毎日楽しんでやっていきましょう。

習慣化をするというのは特に大変で、週一回などの定期的なものはひとりでやるには難しい。なのに、毎日やるというのはなぜか人間にとっては向いているのです。

習慣化の鬼のような勝間和代さんでさえ、不定期投稿のメルマガは遅れてしまったそうで、毎日投稿へ切り替えていく事にしたとか。

まとめ

やればできるという言葉を忘れ、習慣化する。
自分がなぜ今まで出来なかったのかということは関係ない。

この次に、習慣化したものを「改善する」という楽しみがやってきます。
センスがある人たちは、この改善が大得意。その前に、習慣化をまず積み上げる必要があります。

楽しんでやっていきましょう。他(特に自分より出来ない人)と比較する人生は、あなただけやってきたこと。自分と競う楽しみを感じましょう!