テレワークで買うべきアイテムはコレ!な理由

テレワークで買うべきアイテムはコレ!な理由

2020年5月12日
在宅勤務

この記事では、プログラマやブロガーが使うアイテムを参考に、テレワークや在宅勤務でコスパがよいアイテムを紹介しています。
形から入りすぎると、大事な要素が掴めない。大事な要素とは、積み重ねる楽しみ、そしてゴールがなく常に改善していくのがプログラマであるから。

実感を掴むのは、身を結んだとき。つまり、収益が見込めたときです。
今回おすすめするアイテムを使い倒して、常にアップグレードしていきましょう。

スタートアップはここから。世界を変えるのは、ここからです。まずは最低限の環境を整えていきましょう!

ホントのブロガーやアフィリエイターは凄いよ

ブログ書いてお金儲け、良い生活だなあ…。そう思っている方もこの記事を読んでくれているかもしれません。

彼らは「分析の鬼」です。そして「作業の鬼」でもある。マーケターと言って良いかもしれません。

ビジネスインサイダーでも、「2020年版:就活の切り札になる需要の高いスキルトップ10」にアフィリエイトマーケティングが初ランクインしています。それほど、ウェブの向こう側にいるお客さんが何を求めているか、常に分析し作業に繋げているのです。

7位 アフィリエイト・マーケティング:従来型の広告が衰退し、ソーシャルメディアが発展したことで、アフィリエイト・マーケティングは必須のハードスキルとして急上昇している。アフィリエイト・マーケティングでは、特定の客層(ハイパーターゲット)に訴求力の高いパートナー企業やインフルエンサーを活用している。

BUSSINESS INSIDER

さて、少し脱線しましたが、「作業の鬼」となる為にガジェットを紹介していきます。

パソコンは必須、スマホじゃ無理です

命に近いぐらい大事なのはPC。スマホやタブレットのみでは色々なツールが使えません。重すぎないもの、そして起動が早いものを選びましょう。

macbook proも重量として軽くなってきたので、ある程度予算のある方は最初からmacbook proを購入するのがおすすめです。

MacとWindows両方使おう

自分が使う分には、Macがいいかな?と思ったとしても、ユーザーはどうか。データをしっかりと見てみましょう(データ大事マン)。

2020年2月 Net Application 調べ

Mac Osを使用しているのは9.4%です。Windowsが88.2%。
スマホ向けの何らかのサービスを使うとすれば、Androidのチェックも必要となります。

おすすめは、「Macを購入し、windowsは仮想で動かす」。僕もMacユーザー歴20年近いですが、windowsは仮想ソフトにて動かしています。

仮想ソフトとしては、Parallels for Mac」というソフトがあります。
ダウンロードにてすぐにお試しできます。

Parallels for Mac 公式サイト

集中用デスクはこういうもの

目の前が綺麗にできるようなデスクを選んで下さい。
たとえば、L字のデスク。ひとまず忘れないでおきたいものは横へ。正面はスッキリさせられるように。

もしくは、メインデスクの他にもうひとつ小さなデスク、例えば昇降式のデスクを置く。

置き方にコツをお教えすると、「デスクは壁にくっつけないこと」。
「集中だから、壁に向かった方が良くない?」と思ってしまいがち。

カフェを想像してみてください。空間のなかで、壁をみているテーブルはどれぐらいありますか?

勉強を真面目にスッとできる方は、それでも良いかもしれません。
でも、すぐに飽きてしまう人はあえて空間を贅沢に使いましょう。視野が広くなるからこそ、ずっと机に向かっていられる事に気づけるはずです。

集中用椅子はワークチェアで

椅子から離れることは、「作業しない事を選択している」ともいえます。
スイッチを入れるのは椅子に座ったままであることが良い。

つまり、「疲れない椅子を選ぼう」ということです!

デザイナーやプログラマが使っている椅子は、ワークチェア。最近だとゲーミングチェアです。10時間座り続けている人たちもいます。
集中するにはワークチェアかゲーミングチェアが良いという事になります。

以前こちらの記事を書きましたが、エルゴヒューマンというワークチェアはおすすめしたい。

エルゴヒューマンエンジョイを徹底レビュー!もはや2年半座り続けている
在宅で仕事するようになってから、「せっかくならちゃんとした椅子買おう」と思って購入したのがエルゴヒューマンのエンジョイ。気づいたら購入して2年以上経過したのでレ…
kisai.niseko.city

ヘッドホンがあると没入できる

デスクとチェアが決まったところで、次に何が必要かというと「ヘッドホン」。最近ヘッドホン使っていますか?

イヤホンならある、Airpods買った、という人は多いかも。ワイヤレスのイヤホンは「うどん」として別な意味でも有名ですが、Appleも「Airpods studio」というワイヤレスヘッドホンを2020年秋には販売予定

つまり、ヘッドホンの時代もやってくるということ。買収したbeatsブランドでなく、Appleとして販売するのですから、本腰入れてヘッドホンという分野も広がります。

映画でみたことありませんか。プログラマは集中してヘッドホンで作業しています。

映画「ソーシャルネットワーク」より

ヘッドホンは没入感があるから良い。最近は、ノイズキャンセリングもあり、爆音でなくても外の音をカットすることができます。Bluetoothであるともっと良いです。ケーブルにイライラします。

Appleが開発しているのは、「オーバーイヤー型のワイヤレスヘッドホン」。耳を覆うタイプの、ケーブルのないヘッドホンがトレンドとなるようですね。

オススメは、価格が高すぎないこと。BOSEとかbeatsが良いですが、まずはこのAnkerのノイズキャンセリング付きのヘッドホンをおすすめします。
消耗品と捉え、いずれは良いものを買うんだ、という気持ちでまずは早く手に入れるのが吉。

モニタで家の環境を最高にしよう

ディスプレイモニタは、在宅やホームオフィスでかなりはかどる要素のひとつ。
デスクトップのパソコンを購入するのではなく、ノートPCをディスプレイモニタに繋ぐのが良い

ノートPC→ケーブル→ディスプレイ

デスクトップやMac miniを購入するのもひとつの手段ですが、動作環境を整える事が大事。
外に持ち出したり、気分転換に別の場所に運ぶことができるノートPCを中心にして環境をつくっていきます。
ある意味、ディスプレイを購入するだけで、デスクトップPCを手に入れたも同然なのでおトクですよ!

トラックパッドでポジション固定

スマホに慣れていると、マウスは意外と使いにくい。「もうディスプレイ手で触りたい!」と思うことでしょう。

そんな人は、トラックパッドに慣れるのが良い。なぜなら、ノートPCにマウスなんて付けてたら自由度下がるから。膝元に乗せて作業するとき、マウス使いませんからね。

トラックパッドのメリットは、マウスのように動かさなくて済むこと。デスク上にポジションを固定しておけるんです。マウスがあると、意外と邪魔になってストレス感じちゃうんですよ…。僕は少なくとも、マウスの位置が決められなかった。

magic trackpad2
(apple)

appleが新色スペースグレイのトラックパッドを発売しました。カッコいいです。
デスクで置く位置は、MacbookなどのノートPCと一緒の位置に置くとストレス減ります。

ちなみに、プログラミングに慣れてきたら、キーボードのみでほぼ作業できるようにショートカットなどを覚えておく方が楽です。

マインドマップツール

設計図を描くためにマインドマップツールを使うのがおすすめ。「すぐ実現する」「すぐ完成させる」が重要な世界ではあれど、どこに向かうのかをざっくり決めておくのが良いです。

感情に任せてやるのは天才肌。ただ、完成させる前に立ち止まってしまうと意味がない。収益化しなければ、いつまでたっても「勉強中」のままです。

マインドマップは、「Mindnode」が今のところ使いやすいと感じています。
iPhoneを持っていたら、同期もできる。ふとトイレで「あ、こんな感じかな」とマインドマップを広げていくことも可能。

僕はノートで書く派だったのですが、最近は動画を観ながらまとめていくときなどもMindnodeでパパッとまとめるようになりました。やっとクラウド化できた…。

ノートPCスタンド

自宅で環境を整えるには、ノートPCをそのまま使うと疲れます。
そのため、スタンドを活用し、キーボードを自宅用に別で使いましょう。

モニタを外付すれば、ノートPCをサブモニタとして使う事ができます。
つまり、メインで眺めるのはディスプレイ。キーボードもディスプレイの前に置きましょう。

ディスプレイのみで良いときは、ノートPCは閉じたまま。ただ、ディスプレイは多い方が色々調べながら作業が出来るので多く用意しておいた方が良いですよ!

スマホスタンドもセットでついてくるものがおトク。僕は最初のゴムパッドを無くしてしまったので、捨てないよう注意!

以下、随時追加します!

関連記事として、プログラミングの始め方を書きました。どう始めるかでなく、どうゴールを見据えていくかですよ!

これがプログラミングの始め方。入口でなく、ゴールから決めよう
プログラミング、在宅勤務を機に始めようかな?でも、何からはじめたらいいかわからない…ライフスタイルは、変わる。需要も、変わる。じゃあなにから手をつけるか?その悩…
kisai.niseko.city